Whois情報公開代行を設定する方法


DreamHostのWhois情報公開代行の設定方法を紹介する。DreamHostで取得したドメインのみが対象だ。他のレジストラで取得したドメインは取得したレジストラでWhois情報公開代行の設定をする必要がある。

それでは、早速、DreamHostのWhois情報公開代行の設定方法を紹介していく。

 

Whois情報公開代行の設定方法

まず、最初に記載しておかなければならないことがある。これは私がDreamHostをお勧めしている理由の一つでもあるのだが、DreamHostのWhois情報公開代行はデフォルト有効で料金も無料だ。

海外レンタルサーバーの中でもWhois情報公開代行が無料のところは限られている。その為、私が所有しているドメインの多くは日本のレジストラで取得している。但し、『お名前.com』などはドメイン取得時にWhois情報公開を申し込んでいないと無料にならないといった落とし穴があるので、日本のレジストラで取得する場合も注意が必要だ。

 

Main Menu

前置きが長くなってしまったが、まずはDreamHostの管理画面に入り、『Main Menu』⇒『Domains』⇒『Registrations』の順で画面移動する。

registrations

registrations

 

Registrations

Registrations画面に移動するとDreamHostで取得しているドメイン一覧が表示されている。Whois情報公開代行の設定をしたいドメインの『Modify Whois?』のチェックボックスをONにする。

modify-whois

modify-whois

チェックボックスをONにすると、『Expires』列の最下部に『Modify Whois!』ボタンが表示されるのでその『Modify Whois!』ボタンを押す。

modify-whois-button

modify-whois-button

 

Modifying Whois

Modifying Whois画面が表示される。まず、画面最上部にWhois情報公開代行の有効無効のチェックボックスがある。

whois-onoff

whois-onoff

I want all my contact information private
(私は、私の連絡先情報を全て非公開にしたい)

ここで言う「連絡先情報」とは次章で記載する『Modify Registrant Contact』の内容のことだ。チェックボックスをONにすることでこの個人情報が非公開になり、代わりにDreamHostの情報が代行して表示される。

本サイトのWhois情報公開代行の内容は下図の通りだ。個人情報ではなくDreamHostの情報が代行されていることが分かる。

whois-dream-promo

whois-dream-promo

 

Modify Registrant Contact

Whois情報公開代行を単に有効にしたいだけであれば、前章で記載したチェックボックスをONにするだけなので、これ以降の設定は特に変更する必要はないので無視して頂いて結構だ。ここで表示されている『Modify Registrant Contact』情報は申し込み時に登録した個人情報の内容がそのまま表示されている。変更したい場合は変更可能だが正しい情報を記載しなければならないとDreamHost側が過去何度か言っていたことがある。

それでは早速、内容を見ていくが大きく分けて「REGISTRANT」「ADMIN」「TECH」「BILLING」「NAMESERVERS」の5つのタブがある。実は、Whois情報公開代行もこの5つのセクションに分かれている。前章で記載した本サイトのWhois情報公開代行内容を見て欲しい。よく見るとこの5つのセクションに分かれていると思う。これらのセクションを一つずつ設定していくのが今回の『Modify Registrant Contact』になる。

modify-registrant-contact

modify-registrant-contact

一つずつの設定は特に不明な点は無いと思うので割愛するが、実は「REGISTRANT」「ADMIN」「TECH」「BILLING」は全て同じ記載欄となっており下図のチェックを入れていずれか1セクションだけ変更することで残りの3セクションも同じように変更される。別々の内容を設定したい場合は、チェックを入れずに各セクションを変更する必要がある。

modify-registrant-contact-all

modify-registrant-contact-all

企業ドメインとして使用されている方でWhoisの情報を実際の自分の情報で公開したい人のために各セクションの意味に触れておく。

REGISTRANT
ドメインの登録者情報。ドメインの所有者のこと。

ADMIN
ドメインの管理者情報。

TECH
ドメインの技術担当者情報。

BILLING
請求先情報。ドメインの料金に関する担当者。

NAMESERVERS
使用しているネームサーバー情報。

上記の様に分かれているのですが、個人アフィリエイターの場合は基本的には全て同じ人がやっていることが多いですね。

以上でDreamHostのWhois情報公開代行の設定方法は終了です。情報が役に立ったと感じて頂ければ下記のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。

ご参照ありがとうございました。お疲れ様でした。

このページの先頭へ