WordPressの日本語化


DreamHostにWordPressをインストールすると英語版のWordPressがインストールされます。このままだと使い難いのでWordPressを日本語化する方法を記載します。方法はいくつかありますが、ここでは最も簡単な方法を記載します。

英語版のWordPressがインストールされていることを前提とするので、まだWordPressをインストールしていない場合は、『WordPressのインストール方法』のページを参考に英語版WordPressをインストールして下さい。

英語版WordPressを日本語版に変更する方法

(手順1)
DreamHostの管理画面にログイン後、Toolboxの『Manage Domains』を選択して下さい。

Manage_Domains

Manage_Domains

 
(手順2)
英語版WordPressがインストールされているドメインの『WebFTP』を選択します。

select_domain

select_domain

 
(手順3)
WebFTPのログイン画面が表示されます。

ftp_login

ftp_login

ここで入力する情報は、DreamHostを申し込んだ際に『DreamHost Account Approval Notification!』という件名で送られてきたメール内に記載の「FTP Server」「FTP User」「FTP Password」を入力します。

Host:
「FTP Server」を入力します。ドメイン名でもOK(例:dream-promo-code.com)

Login:
「FTP User」を入力します。

Password:
「FTP Password」を入力します。

Port:
デフォルトで「21」が入っています。そのまま変更はしない。

その他は特に入力する必要はありません。『✓』ボタンを押して次へ進んで下さい。

 
(手順4)
pudiというツールが立ち上がります。『FTP Host』を選び(下記画像では2つあるがどちらでもOK)、「Enter」ボタンを押します。

pudi

pudi

 
(手順5)
画面左のFTP Hostツリーから対象のドメインを選択します。

select_ftp_host

select_ftp_host

 
(手順6)
ドメインを選択すると画面真ん中にファイル一覧が表示されます。その中から『wp-config.php』というファイルがあるので選択します。『wp-config.php』ファイルを選択後、『Download』ボタンを押して下さい。そうすると『wp-config.php』ファイルがローカルPCにダウンロードされます。

select_file

select_file

 
(手順7)
次にローカルPCにダウンロードした『wp-config.php』ファイルを開きます。ファイルを開くと、下記の1か所だけ修正を加えます。

(変更前)
define(‘WPLANG’, ”);

(変更後)
define(‘WPLANG’, ‘ja‘);

よく似た箇所があるので変更する場所は間違えないように!

 
(手順8)
修正が終わったらファイルを元の場所にアップロードします。アップロードする方法は、『Send』ボタン⇒『From compluter』の順で選択します。

file_upload

file_upload

 
(手順9)
『From compluter』を選択すると下図の画面が表示されます。下記の手順に沿って進めて下さい。

file_upload2

file_upload2

①少し見にくいですが、『Options』というリンクがあるので選択します。
②『Overwrite』を選択します。
③修正した『wp-config.php』ファイルをドラッグ&ドロップします。ドラッグ&ドロップすると直ぐにアップロードされるのでファイルを間違えないように。

 
(手順10)
最後に、日本語版WordPressをインストールします。WordPressにログインし、『Dashboard』⇒『Updates』ボタンを押して下さい。

wordpress-jp

wordpress-jp

①「WordPress-XXXX-jp」JP版になっていることを確認して下さい。
②「Update Now」ボタンを押します。

これで、WordPressの日本語版がインストールされます。

以上でWordPressの日本語化は終了です。お疲れ様でした。記事の内容が役に立った方は下記のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しい。

参照ありがとうございました。

このページの先頭へ